他塾の追随を許さない早稲田学舎

  • 03-3749-1587
  • 地図・アクセス

〒157-0077 東京都世田谷区鎌田4-16-14
セブンマンション104

早稲田学舎通信・教育の森

教育の森夏期号

早稲田学舎通信・教育の森
2018.07.01

いよいよ夏休みも間近です。7月30日(月)から平成30年度の夏期講習がスタ-トしますが、受験学年はここから本格的な受験準備に入ります。
『夏を制する者が、受験を制す』と云われて久しいのですが、当塾の夏期講習は1期・2期合わせても、たかだか2週間だけです。それでも「この2週間で今後が決まる!」と云っても決して過言ではありません。

《たかが2週間!されど2週間!》です!

 この2週間で受験勉強のノウハウさえ分かれば、意志あるところに必ず大きく道が拓けてきます。卒業生の声ですが、早稲田学舎の夏期講習はきつくて地獄だけど、それほど苦にはならないのだそうです。『できる喜び』の具現化なのでしょうか。

 夏期講習では、中3生は前年度の入試問題をまとめた最新高校入試問題集を中心に、中1・2の全範囲と中3の1学期までの履修範囲の確認から入試問題の解法まで取り組むことになります。当然のことながら着実な予習が授業に臨む際の生徒達の必須条件です。ここからがいよいよ来たる受験にむけて明確な“意志”と“頑張り”の見せどころとなります。

 受験生を除く小・中学生や高校生は、夏期講習は年間授業の補完として『ひとりひとりの基礎力UPをめざす』ことが第一の目標になります。8月17日(金)からスタ-トする8月平常集中授業は、2学期の先取り学習を意識していますので、1学期の履修範囲が十分に消化しきれていない生徒や、一学期の成績が『このままだとヤバイ!』と危機意識を持っている生徒は、このチャンスを見逃してはいけません。自らの意志で迷うことなくこの夏期講習にトライすることが肝心です。

 かのベートーヴェンも云ったそうです。

《…かたつむりも塔にのぼる。努力せよ!ひたすら努力せよ!…》

…学問に王道はなく、たゆまぬ努力こそが道を拓くのだ…

 当塾では、頑張っている生徒に労を惜しみません。『素直』な姿勢とひたむきな『頑張り』が、人に感動と共感を呼び起こさせるからです。『感謝』の心を忘れずに、自分の可能性を信じることです。

最後に一言。朝の笑顔と元気な挨拶は一日の活力源です。遅刻は当然厳禁です。定刻前でも授業が始められるくらいのヤル気スイッチ・オンで臨んで下さい。

夏期講習受講希望者は申込用紙に必要事項を記入の上、25日(火)までにお申し込み下さい。

↓詳細はこちらをご覧下さい。