他塾の追随を許さない早稲田学舎

  • 03-3749-1587
  • 地図・アクセス

〒157-0077 東京都世田谷区鎌田4-16-14
セブンマンション104

講師紹介

講師紹介

辻川 政樹 
- Tsujikawa Masaki -

担当教科 高校理数/中学理数
東京農工大学工学府電気電子工学専攻
「千里の道も一歩から」
私が早稲田学舎の生徒として入塾したのは、小6の終わり頃でした。母が知り合いから評判を聞いて、体験授業を受けたのがきっかけでした。
ここは質問したい時に、気配を読みとってタイミングよく声をかけてくれるので、引込み思案な自分にはとても助かりました。
授業では解き方や答えを教えるだけでなく、それに関連したおもしろい話もしてくれましたので、元々好きだった数学は得意教科として定着しました。英語も長文を読む集中力が養われ、大学受験では大いに役立ちました。
今、早稲田学舎の講師として立場は逆になりましたが、指導方針の「ひとりひとりを見つめる」よき伝統を継承していきたいと思っています。

 

永野 央士 
- Nagano Hisashi -

担当教科 中学数学/高校数学
早稲田大学大学院基幹理工学研究科機械科学専攻
「臨機応変」
問題の多くは基礎の組み合わせで成り立っています。
基礎を勉強することは楽しいことではありませんが、問題を解ききる快感を味わえるのは、その基礎を詰めている者だけです。そこで、私は生徒達の各教科の基礎となる部分を強くしていきたいと考えています。
また、生徒の皆さんには確固とした目標をもって学習に望んで欲しいと思います。明確な目標は、学習意欲を喚起します。私は、一人一人の目標の達成の支えになる指導を心がけていきます。

重政 海都 
- Shigemasa Kaito -

担当教科 中学英数社
横浜国立大学理工学部
「やるだけやったら神頼み」
私は早稲田学舎で6年間学びました。高校、大学と2度の受験で、塾長をはじめとする沢山の講師の方々にお世話になりました。ここで学んだことの中で最も大切だと感じたのは頑張ることの大切さです。受験勉強は誰しも通る道なのですが、”もう自分はこれ以上勉強できない”と感じるほど勉強したことはありますか?私は早稲田学舎で自分の限界あるいはそれ以上勉強することの喜びを知りました。自分が全力で準備して取り組んだなら、その先の結果はもう神頼みです。みなさんにも自分の限界を超えるところまで勉強することの喜びを早稲田学舎で知ってほしいです。もちろん、私もそのために出来る限りのサポートをさせていただきます。一緒に頑張りましょう!

川上 凱弘 
- Kawakami Yoshihiro -

担当教科 中学国語
獨協大学外国語学部ドイツ語学科
「時として誰も想像しないような人物が、想像できないような偉業を成し遂げる。」

中2から高校受験まで早稲田学舎にお世話になりましたが、アットホ-ムな雰囲気の中でも、同世代の仲間と日々切瑳琢磨できたことに感謝しています。

塾生の時に感じた「自ら学ぶ」という意識は、現塾生に還元させたいと思っています。自分の可能性を信じ、日々精進すれば、自ずと結果は付いてくるものと自分は確信していますし、生徒たちに伝えていきたいことでもあります。

 

茂木 明梨 
- Mogi Akari -

担当教科 中学数学/中学社会
明治大学商学部商学科
「継続は力なり」

妹が今春の高校入試まで丸3年間お世話になりました。塾の雰囲気が良く、負けたくないと思うライバルも多かったので頑張れたそうです。中1の3学期に自分でも驚くほど内申が上がっただけでなく、入試本番で難関私立高のICUに合格した時は自分でも信じられないと言いながらも手放しの喜びようでした。

私は今春、早稲田学舎の講師として誘われたのですが、ここは私が想像していた所謂`塾’とはかなり違っていました。1対2、1対3という少人数の授業は、『ひとりひとりをみつめる』というテ-マの実現にまさに適した環境だと思います。

一見複雑そうに見える問題でも紐解けば、基本的な知識の重ね合わせにすぎないことが多いものです。私は生徒ひとりひとりの進度に合わせ、生徒たちが諦めずに少しずつ問題の理解を深められるよう、生徒と一緒に地道な努力を続けていきたいと思っています。

広畑 結衣 
- Hirohata Yui -

担当教科 小学国語/中学国語
明治大学国際日本学部国際日本学科
「玉磨かざれば器を成さず」

中2の3学期から高校受験のために早稲田学舎に入塾しました。第一志望に合格できたのは、アットホ-ムな雰囲気ながらも、塾長をはじめ講師の方々の熱血的な指導があったからだと思います。

また、同じ中学、同じ学年、そして同じ高校を志望している友達がいたことはとても刺激になりましたし、中学の先輩も多かったので、授業時間外に共通の話題で盛り上がったりして、和やかに過ごすことができたように思います。

自分が必死になって努力したことは、どんな結果であれ、必ず自分の糧になります。生徒ひとりひとりの目標達成のため、自分がこの塾で学んできたことを、今度は自分の後輩たちに伝え、やがては『どんな問題でも自信を持ってできる!』と言えるように、精一杯サポ-トしていきたいと思っています。

横山 真央 
- Yokoyama Mao -

担当教科 中学英語
青山学院大学文学部英米文学科
「やるっきゃない!」

高校3年の夏まで4年間早稲田学舎にお世話になりました。講師の方々には、わからないところをすぐに教えていただけましたし、身近に一緒に受験をめざす仲間もおりましたので、安心して高校受験や大学受験の準備ができました。

早稲田学舎の最大の魅力は、講師が生徒ひとりひとりの顔を見ながら、ひとりひとりに合った授業を行なうことですが、その中でさらに私が伝えたいことは、『勉強は楽しい!』ということです。

今、講師という立場になって、「教えること」「伝えること」の難しさを改めて感じてはいますが、私がそうだったように、『分からなかったことが分かったときのあの喜び!』を、今度はこの早稲田学舎という場で必ず後輩たちに繋げていこうと思っています。

谷本 日菜子 
- Tanimoto Hinako -

担当教科 中学数学/中学理科
星薬科大学薬学部薬学科
「為せば成る」

勉強は自ら進んでやることによって身に付くものですし、早稲田学舎は基本的にそういうスタイルの塾です。生徒2~3人に対して講師1人という指導体制は生徒ひとりひとりに目を向けやすいので、手が止まっていたり、質問しようか迷っていたりする生徒には、こちらから手を差し伸べることが容易です。質問されたものに似た問題を生徒自身で解けたときは、嬉しくて講師としてやりがいを感じます。

宿題の出し方も、「今日はここまでできたから、ここまでならやれるよ!」と、生徒の“やってみよう”という気持ちを引き出すようにしています。講師になってわかったことですが、`宿題はやってきて当たり前’という感覚だけでは難しいんですね。 私は生徒がうまくできたらいっぱい褒めて、生徒の向上心に繋がるようにしていきたいと思っています。

前田 虎太郎 
- Maeda Kotaro -

担当教科 中学数学
首都大学東京 システムデザイン学部 システムデザイン学科
「偶然は必然である」

『テストで高得点を取る』・『部活の試合で勝つ』・『遅刻をしない』等、普段の生活のなかで、これらの目標を達成するためには、本人の努力、精神力、体力が全てです。「たまたま………だった。」とか、「運がよかったから………。」といった不安定要素でしかない“運”に左右されるものでは決してありません。自らが、『目標は必ず達成できる』と信じ、《貪欲なまでの執着心を持って日々取り組むこと》こそが大切であることを、生徒達に伝えていきたいと思っています。
数学では、塾長が普段から指導していることでもありますが、答えを導き出すまでの過程をしっかりとノ-トに明記させること、間違えた箇所は改めて書き直させること、この2点は他の講師とともに徹底していきます。採点者にも配慮した答案作成は、生徒自身の考えを正しく伝えるだけでなく、その解法の整理・分類に確実に役立つからです。
私は中3の部活引退後に早稲田学舎で学びましたが、苦手の英語と国語が克服できたこと、得意の数学では数検準2級までやれたことが自信に繋がりました。早稲田学舎は教わる側にも、教える側にも良い環境にあります。私も生徒達ひとりひとりをしっかりとアプロ-チしていくつもりです。

重政 幸一朗 
- Shigemasa Koichiro -

担当教科 中学英語
首都大学東京 都市環境学部 都市環境学科 
「やった分だけ返ってくる 」

私が早稲田学舎に在籍していた3年間は、自由な雰囲気な中にもかかわらず、ふだんから自主的にやってきた宿題の量を自慢しあったり、定期試験では点数を競ったりと、そんな友にも恵まれたことで厳しかった受験勉強も楽しくできました。
1ヶ月間の講師研修期間を終えて、「教えることの楽しさ」を少しずつですが、感じるようになりました。教える方として、生徒2~3人ずつの指導はとてもやりやすいですし、「ああ、そうなんだ!」と納得してもらえたときの嬉しさはまた格別です。
私が今生徒たちに伝えたいこと、それは『繰り返し、繰り返しやること』の大切さです。できなかった問題をそのままにせず、自分でできるようになるまで何度でも繰り返す。
これは、私が大学受験の時に感じたことでもありますが、やがて確実にやった分だけはね返ってきます。生徒たちにも不断の努力を惜しまずに、とことん頑張ってくれることを期待します。

瀬尾 梨紗子 
- Seo Risako -

担当教科 小学国語/中学英語
横浜国立大学 教育学部体育科専攻
「NO REGRET!」

私は早稲田学舎の卒業生ではありませんが、たまたまここで講師をしている方から講師の追加募集をしているとの声を掛けていただきました。
1ヶ月の研修期間で、塾長を中心とした講師と生徒の仲の良さや教室のあたたかい雰囲気がとても素敵だったこと、元気で明るい生徒たちを教えることにやりがいと楽しさを感じたことで、そのまま講師を継続させていただくことにしました。
早稲田学舎は講師1名に対し、生徒が2~4名という少人数制の授業ですので、進度も生徒に合わせてそれぞれですが、ひとりひとりの得意・不得意もよくわかりますし、授業中に生徒が手詰まりになっている時もすぐに気付きます。自分から進んで質問出来なさそうな生徒には、自分の方から隣に坐り、すぐに声を掛けられるよう特に心掛けています。
又、勉強をする理由や意義、勉強ができるようになる面白さを、宿題をすることの大切さとともに生徒たちに伝えていくことも重要だと思っています。
面倒で辛くてやりたくない時でも、いつか必ず「あの時頑張って勉強していて良かった。」と思う日が来るはずです。今は、私達や仲間と一緒に楽しみながら、後悔しないよう勉強に打ち込んでみませんか。